ガジェット

GPD PocketのSSDを消去する

以前購入したGPD Pocketを廃棄するにあたって、SSDを完全消去します。

linuxのLive USBメモリで起動をして、shredコマンドで消去します。

Linux live USBメモリを作る

今回用いたのはlinux mint のCinnamonです。こちらからダウンロードします。注意点する点としては、リンク先のかなりの部分がクリックしても反応しません。上から順に試していくのがよいでしょう。

live usbメモリを作るには、Rufusを用いました。一番上にあるPortableでない方をダウンロードしましたが、こちらも回答したファイルを実行するだけでよく、インストールは不要です。

作り方は、https://siva-hakaishin.com/utility/boot-usb/のサイトを参考しました。

注意点としては、ファイルシステムをデフォルトのFAT32のままにすることです。また、途中でファイルのダウンロードが必要と表示されるので、はいと答えてください。

live  usbで起動してshredで消去

こちらを参考にしてブートしました。画面が縦方向の上に字がとても小さいので虫眼鏡を用意しておくと良いでしょう。

  • USBメモリをさして、電源を入れる
  • ロゴが出たところで、「Fnキー」+「7キー」を押します。
  • 縦方向の画面にブートメニューが出るので、3番めにあるUSBメモリを選択します。
  • しばらくするとLinux Mintが起動します。
  • 画面は縦方向のままで大変操作しにくいですが、マウスでターミナルを起動します。
  • sudo fdisk -l とコマンドを入力します。
  • /dev/mmcblk0がssdになっていることがわかります。USBメモリは/dev/sdaです。
  • sudo shrec -v -n 1 /dev/mmcblk0 とコマンドを打ち込みます。
  • しばらくすると完了します。
  • sudo shutdown -h now とコマンドを打ち込みます。

この後電源を入れると、よくわからないメニューが表示され、電源ボタンを押しても消えませんが、どうせ処分するものなので気にしないことにしました。